admin≫

四国別格第二十番 福大山 大瀧寺 

福大山 大瀧寺(ふくだいさん おおたきじ)

●本尊/西照大権現 ●開基/行基菩薩
●真言/南無西照大権現


四国八十八ヵ所総奥の院
求聞持修法遺跡

bangai-20-hondo.jpg

●宗派/真言宗御室派
●徳島県美馬市脇町西大谷


神亀3年(726)行基菩薩が、阿讃山脈五峰の一つ大瀧山(946m)
に一宇を建立して開基。延暦10年(791)弘法大師がこの地で
求聞持修法を修法し、弘仁6年(815)大師42歳の時、2度目の
修法をされ伽藍を再興し、男女厄難解消、万人安泰のために
西照大権現の像を彫り安置したという。
bangai-20-daisido.jpg
天安2年(858)理源大師が、厄除厄流の大護摩を修法し、その法が
今に受け継がれ厄流しの寺として有名。

noukyou-b20.jpg 別格二十番札所の納経

スポンサーサイト

四国別格十九番 寶幢山 香西寺 

寶幢山 香西寺(ほうとうざん こうざいじ)

●本尊/延命地蔵菩薩 ●開基/行基菩薩
●真言/おん かかかび さんまいえ そわか


大師御作地蔵尊
bangai-19-hondo.jpg

●宗派/真言宗大覚寺派
●香川県高松市香西西町211


行基が勝賀山の麓に庵を作り宝幢を刻んで寶幢山勝賀寺として創建。
弘仁8年(817)弘法大師が現地に移し、延命地蔵菩薩を刻んで安置。
嵯峨天皇の勅願寺となり、朱雀天皇の時には讃岐談議所となった。
bangai-19-daisido.jpg
鎌倉時代には、この地の豪族「香西資村」が堂宇を再建し、香西寺
名付けたという。その後移転し、寺号も地福寺となったが天正時代の
兵火に遭い、再建とともに高福寺と改称した。万治元年(1658)またも
失火のため現在の地へかえり、寛文9年(1669)、藩主松平頼重公が
堂宇を整え、別格本山・香西寺となった。その後またも失火で焼失し、
現在の建造物はその一部分。
国の重要文化財に指定されている毘沙門天立像は、平安中期の作で
檜の一本造り。

noukyou-b19.jpg 別格十九番札所の納経

四国別格第十八番 経納山 海岸寺 

経納山 海岸寺(きょうのうざん かいがんじ)

●本尊/正観世音菩薩・弘法大師誕生仏 ●開基/弘法大師
●真言/おん あろにきゃ そわか


大師誕生ゆかりの地
bangai-18-hondo.jpg

●宗派/真言宗醍醐派
●香川県仲多度郡多度津町白方


宝亀5年(774)玉依御前(たまよりごぜん)がこの地に産屋を設けて
弘法大師を出産したという。大同2年(807)大師がこの産屋跡に
聖観音菩薩を刻んで安置したのが始まり。
大師の誕生所が善通寺で産屋が海岸寺となっている。
bangai-18-sanmon.jpg
山門には香川県出身の「琴ヶ浜」「大豪」をモデルにした
金剛力士像が立っている。
道路を隔てて西側に奥の院がある。そこには産屋跡や奥の院大師堂、
ミニ108ヵ所等がありゆっくり参拝すると1時間以上を要する。
また展望台からは瀬戸内海が見渡せる絶景の位置にある。

noukyou-b18.jpg      noukyou-b18-2.jpg
別格十八番札所の納経       別格十八番札所奥の院の納経

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました