admin≫
2009年12月の記事一覧

讃岐うどん12 

讃岐うどん12
長田
讃岐うどんの原点のようなうどん
長田-うどん
ずいぶん前の話(今のように「讃岐うどんブーム」の以前だが)
うどん通?の友人に連れて行ってもらったのがここ「長田」
当時はまだ讃岐うどんが今のように騒がれていない時だったが
店は混雑していた。前払いなので代金を払うと木の札をくれる
これは今も変わらない。5人で釜あげ(小)を注文して「750円」
「間違い?」「ちゃんと5杯と言いましたよ」「確認して」
などと言ってる間にうどんが来て「1杯150円?」
値段にびっくり!ダシを入れている徳利の熱さにびっくり!
そして味にびっくり!「うまい!」
何回か足を運んでいるうちにブームとやらになり、駐車場も
店の前も行列ができるようになり、値段も250円になったが
やっぱり、讃岐うどんで「長田」は外せない。
長田-店
店の横の道路が広がり、駐車場の出入りも楽になったが
時間帯にもよるが行列は覚悟して行ってください。

湯気を上げる丼から、これまた熱々のダシに麺をくぐらせ
ズズッ~とすすりこむと、旨みのある、いい香りのダシが
もっちりと優しい表面と内側にはコシが潜んでいる麺と絶妙に会う。
素朴で無骨な飾りっ気なしのうどんだが、もう最高に旨い!
この店には、てんぷら等のトッピングなどがない分
麺やダシに「ごまかし」がきかないが、この釜あげを食べれば
讃岐うどんの原点が少し分かるような気がする一杯だ。

スポンサーサイト

讃岐うどん11  

讃岐うどん11
岸井うどん
ず~っと気になっていたビニールハウスの店
岸井-店
何度も讃岐にうどんを食べに行っては気になっていた店だ。
道端に「うどん」の看板、そして広い駐車場。
でも、入り口はどこ?しばらくうろうろして「ここかな?]
入ってみると何人かが食べていて、「注文はこちら」と
書いてある所で注文。
岸井-うどん
ネギとしょうがを入れ食す。手打ち手切りの証し?の不揃いの麺は
もちもちした表面とコシのある麺。これに讃岐特有の旨みのある
ダシが絡んでもう満足!熱いのだがあっという間に完食!
これで、かけうどん150円~だから値段も満足!
岸井-店内
半屋外のテーブル席。夏は涼しくていいかも。
この奥に暖房のきいた「ハウス」があるので心配しないで。
●善通寺市上吉田町158-1
●定休日/火曜日 ●10:30~16:00(麺がなくなり次第終了)

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました