admin≫
四国の名所・名物 高知の記事一覧

吉祥山乗台寺 ひさご園 

吉祥山乗台寺 ひさご園
佐川の名刹と池泉回遊式庭園!

●本尊/不動明王
●宗派/真言宗智山派 ●開基/然天坊宗真

乗台寺ー本堂

●高知県佐川町1746

天慶年間(938~947)に開創。
南北朝時代の正平19年に佐川に移転、乗台寺と命名。
佐川城主の菩提寺として、本尊に阿弥陀仏を安置。
その後、徳川時代に深尾公が佐川に封ぜられ、同家の祈願時と
定められ、本尊であった阿弥陀如来は持仏堂の本尊とし、別に
不動明王を本尊とした。
乗台寺ー大師堂
高吾北の本山格であり、東光寺・八幡寺・宮原寺・横倉寺・妙福寺
長楽寺・法華寺・法輪寺・善定寺等末寺があったが明治時代の
廃仏毀釈により廃寺となり乗台寺に合併された。

乗台寺ー庭3
ひさご園と呼ばれる庭園は、深尾公二代目の奥方平癒祈願をなし
全快の御礼として築かれたものと伝えられている。
380余年の歳月を経ており、県三名園の一つである。
昭和11年に文部省から、史跡名勝天然記念物に指定された。
(現在は県史跡名勝)自然を取り入れた奥深く見あきない庭園は
池泉回遊式庭園と呼ばれ、一番の見ごろは晩秋だそうだ。
乗台寺ー庭4
寺の絵葉書だが、黄色く色づいている銀杏の木がわかるだろうか?
この木には寺に伝わる逸話がある。
享保年間の大火の際、寺宝の巨勢金岡の筆、不動明王の軸物が
この銀杏の木にかかって難を逃れたという。土地の人々は乗台寺の
飛不動と言って尊崇しているという。

高知県の静かな山間部にあり、堂宇も庭園も落ち着いた風情を醸し出す。
庭園の見学は社務所まで・・・。

スポンサーサイト

活うなぎ料理 大正軒 

活うなぎ料理 大正軒
大正二年創業の老舗
大正軒-定食
高知県の山間佐川町にあり、緑に囲まれた静かな街並みの
中心付近に位置する。
牧野公園・造り酒屋の白壁・名庭園ひさご園等見る物も多い。

予約をしていたので、駐車場に着くと出迎えてくれ個室に案内。
緑あふれる風景をのんびりと見ながら熱いお茶を飲む。
ほどなく料理が運ばれてきた。
熱々のかば焼きを、これまた温かいご飯の上にのせて口に運ぶ。
肉厚のうなぎがやわらかく、口の中でとろけるようになくなって・・・。
甘辛い濃厚なたれとうなぎそしてご飯、この組み合わせは最高!
もちろん、ウ巻きもお吸い物もウザクも旨い!
あっという間に完食!「もっと美味しさをかみしめながらゆっくり」
と思ったのだがこの美味しさが許さない。
うなぎ料理を堪能して店を出た頃には、なんだか元気になったような!?
夏バテにはうなぎが一番!かな?

大正軒-店
日曜日が定休日。注文を聞いてから料理するので必ず予約がいる。
TEL.0889-22-0031

鍋焼きラーメン 

鍋焼きラーメン
高知県の須崎市には「鍋焼きうどん」ならぬ
「鍋焼きラーメン」が有名!

街のいたるところに鍋焼きラーメンののぼりがはためく。
daruma2-nabeyaki.jpg
地図が入った案内情報がいろいろな所においてあるので参考にしたい。
それによると、
須崎名物「鍋焼きラーメン」プロジェクトXでは、須崎市で生まれ
50年近く守られ愛されている須崎の食文化「鍋焼きラーメン」を
次の世代(50年先100年先)にも伝え、発展させたいとの想いから
7つの定義を定めました。
とある。
その7つの定義とは
①スープは、親鳥の鶏がらの醤油ベースであること。
②麺は、細麺のストレートで、少し固めに提供されること。
③具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること。
④器は土鍋(ホーロー・鉄鍋)であること。
⑤スープが沸騰した状態で提供されること。
⑥タクワン(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること。
⑦全てに「おもてなしの心」を込めること。


daruma-nabeyaki.jpg
今回はR56沿いにある「だるま」という店に行った。
「鍋敷きを出しておいてください」店の人に言われ用意すると
まもなく土鍋が置かれる。熱いのでお絞りでふたを開けると
まだ煮え立っている。スープは濃厚だが後味が良く旨い。
細めのストレート麺とのマッチングも良い。
おいしいけれどとにかく熱い。(入っていた生卵も最後には
十分火が入っていた。)
冬に食すには体中が温まって最高!

エチオピア饅頭 

エチオピア饅頭
もうずいぶんと前のことだが、(30年ぐらい経つと思うが・・・)
仕事で高知に行った時に、変な(?)看板を見つけ
Uターンしてその店に行ったのが「エチオピア饅頭」との
出会い?だった。
帰ってから、皆に話しても「高知にエチオピアなんて・・・」と
一笑され、「エチオピア饅頭ツアー」なるものを募り、初めて
納得してもらったことを思い出す。
エチオピア-1
看板には「土佐野市名物 エチオピアまんじゅう」と書いてある。

では、なぜ「エチオピア饅頭」なのか?
大正八年に創業した地、高知県香美郡野市町(現 香南市野市町)
一帯は、白下糖と呼ばれる黒糖の特産地でした。
初代店主がこの白下糖に加味工夫し、饅頭を製造し
「のいち名物」として発売していた。(ここまでは普通・・・)
十数年後、ニュースでイタリアに侵略を受けたエチオピアが
勇敢にも迎え撃ち、苦戦のうちにも撃退したのを知り、
感動を受け、このエチオピアの名を敬意と賞賛とを込め
まんじゅうに名づけたのが「エチオピア饅頭」の始まり。
と、初めて行った時は店員さんから教えてもらいました。
今では、その由来を書いたものを饅頭に同封している。
(たぶん、しょっちゅう聞かれるので印刷したのでは・・・)
平成八年十二月、駐日エチオピア大使夫妻の訪問を受け
エチオピア饅頭は、エチオピア国より公認を受けた。
エチオピア-2
中身もご紹介しようと思ったのですが、皆さんが買った時に
感動が薄れないように・・・お楽しみ?ということで載せませんでした。
エチオピアの味がするかもね?(どんな味や!!)

※余談ですが、高知県出身の有名な女優「広○涼○」さんも
エチオピア饅頭の大ファンらしく、店内にも写真が飾ってありました。





土佐の日曜市 

土佐の日曜市
日曜市-001
高知の城下「追手筋」に、約1.3kmに渡り500店が軒を並べる。
1日に約15000人が訪れるという。
正月の1日・2日と、よさこい祭りの開催期間中以外は
毎週日曜日、雨が降っても暑い時でも早朝から夕方まで開催。
※4月から9月は午前5時から午後6時まで
 10月から翌年3月までは午前6時から午後5時まで
 早めに(午前中に)行ったほうが品物が多いかも・・・。
kouti-nitiyouiti.jpg

新鮮な旬の野菜や果物、手造りの寿司や餅、こんにゃく、
芋ケンピ、焼き鳥から土佐の刃物、庭石、骨董品等
書ききれないほどの商品が並ぶ。
日本一の街路市「土佐の日曜市」に行こう!

※高知市の街路市は、日曜市の他に、火曜市(上町4~5丁目)
木曜市(高知県庁前)、金曜市(愛宕町1丁目)と場所を変えてある。
日曜市ほどのスケールは無いが、固定客も多くにぎわっている。


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました